消防の広域化

青森県消防広域化推進計画の策定

災害や事故の多様化・大規模化、住民ニーズの多様化等、消防を取り巻く環境の変化に的確に対応するとともに、将来人口の減少に伴う消防本部の管轄人口の減少を踏まえて、市町村の消防体制の整備、確立を図る必要があるとして、平成18年6月に改正された「消防組織法」、並びに7月に消防庁から告示された市町村の消防の広域化に関する「基本指針」において、各都道府県は、自主的な市町村の消防の広域化の推進及び広域化後の消防の円滑な運営の確保に関する計画(推進計画)を定めることとされています。

このため県では、平成19年8月に青森県消防広域化推進計画検討委員会(会長:遠藤青森公立大教授)を設置し、協議を行うとともに、市町村や消防本部をはじめ、広く県民の皆様からもご意見をお聞きして、青森県消防広域化推進計画を定めました。

推進計画策定後は、「消防組織法」や「基本指針」の定めるところにより、広域化対象市町村において、広域化後の消防の円滑な運営を確保するための「広域消防運営計画」の作成を行い、推進計画策定後5年度以内の平成24年度までを目途に広域化の実現を目指すこととしました。

「青森県消防広域化推進計画(案)」に対する意見募集は終了しました。

推進計画の延長

平成25年4月1日、「基本指針」の一部が改正されたことに伴い、青森県消防広域化推進計画(平成20年3月策定)の計画期間(概ね平成24年度末まで)を平成30年4月1日まで延長しました。

担当:防災消防課 消防・予防グループ

電話:017-734-9086 FAX:017-722-4867

shobo@pref.aomori.lg.jp