消防団員募集

1.消防団ってなあに?

ポンプ操法の訓練に励む消防団員(青森県消防操法大会より)  消防団は、江戸時代に八代将軍徳川吉宗が、江戸町内に48組の「まち火消し」を組織したのがはじまりで、その後、「消防組」、「警防団」を経て昭和23年に消防組織法の制定により「消防団」になりました。
 消防団は、火災や地震などの災害から皆さんの生命や財産を守るため、消防本部や消防署と同じく法律に基づいて各市町村が設置している消防機関で、青森県では、全市町村に消防団があり、平成28年4月1日現在、19,080名が消防団員として活躍しています。

2.消防団員の身分は?

 消防団員の身分は、非常勤(特別職)の地方公務員です。それぞれ自分の職業を持っている地域住民の方々が、「自分たちの地域は自分たちで守る」という考えのもと、自らの意志で消防団に入団しています。
 また、消防団員に対しては、法律及び市町村の条例により、災害時等の出動に対する手当、活動時の怪我などに対する公務災害補償、一定年数以上勤続した団員に対する退職報償金等の制度が設けられています。

本県消防団員の就業形態(平成28年4月1日現在)

No就業形態人数構成比%
被用者 12,889人 67.6
自営業者 2,634人 13.8
家族従業者 2,720人 14.3
その他 837人 4.3
  合計 19,080人  

本県の階級別消防団員数( )…うち女性団員数(平成28年4月1日現在)

階級人数構成比%
団長 56人 0.3
副団長 194人 1.0
分団長 1,039(16)人 5.4
副分団長 862(13)人 4.5
部長 1,398(22)人 7.3
班長 2,949(64)人 15.5
団員 12,582(367)人 66.0
合計 19,080(482)人  

*被用者→会社員、工員、公務員、団体職員、個人商店従業員、家事手伝い等会社、個人、官公庁等に雇用されている者
*自営業者→個人経営の商店主、工場主、農業主等の事業主や開業医、弁護士、著述家、家政婦など
*家族従業者→農家や個人商店などで、農仕事や店を手伝っている者
*その他→役員、家庭内職者ほか上記に分類されない就業形態の者

<事業所の皆さんへのお願い>

 本県の消防団員の6割以上がいわゆるサラリーマン団員です。
 サラリーマン団員が仕事中に出動したり、職場を休んで訓練などに参加することはなかなか大変なことですが、消防団員の皆さんは、日頃自分の仕事を持ちながら社会に貢献するために頑張っています。
 どうか、消防団の活動に御理解をいただき、こうした方々が積極的に消防団活動に参加できるよう御協力をお願いいたします。
 また、県では、従業員の方が消防団に入団しやすい配慮を行うなどの協力をしていただいている事業所に対し認定証を交付する消防団協力事業所表示制度の導入を進めており、平成28年4月1日現在、35市町村が消防団協力事業所表示制度を導入しており、278事業所に対し市(町村)消防団協力事業所表示証を交付しております。
 詳しくは市町村役場にお問い合わせください。

3.消防団の仕事は?

ポンプ操法訓練を実施する消防団員(青森県消防操法大会より)   消防団は、地域で発生した火災の鎮圧や地震・風水害などの各種災害の防ぎょ活動はもちろんのこと、災害が発生したときだけではなく、災害の予防広報活動など幅広い業務を行っており、コミュニティーにおける防災の中心的な役割を担っています。
 東日本大震災や阪神・淡路大震災では、地元の多くの消防団員の方々が、自らも被災しているにもかかわらず、地震直後から消火活動や救助活動、住民の避難誘導、物資の搬送など地域に密着した幅広い活動に従事し、大規模災害時の消防団の役割の重要性が改めて認識されました。

本県消防団の出動状況(平成26年中)

No出動区分出動回数出動延人数
火災 676回 27,921人
風水害等の災害 140回 3,540人
特別警戒 1,169回 20,669人
捜索 67回 1,947人
演習訓練 2,395回 64,743人

4.私も入団できるかな?

女性消防団員による防火訪問(青森市消防団)    消防団への入団は、基本的に各市町村に住んでいる18才以上の健康な人であれば、各市町村が定める条例定数の範囲内で、どなたでも入団することができますが、市町村によっては、具体的な資格や条件などが定められている場合がありますので、まずはあなたの住んでいる市町村役場又は消防本部等にお問い合わせください。
 特に、青森県内の多くの消防団では、消防団員数の減少や高齢化が進んでおり、若い方々の力を必要としています。
 また、とかく男の世界と思われがちな消防団ですが、近年は、防火診断や応急手当の普及など幅広い分野で活躍する女性の消防団員を募集している消防団もあります。

あなたも是非消防団に参加し、「頼られる人」になってみませんか!

5.入団を希望される方のお問い合わせ先

消防団名条例定数問い合わせ先電話番号
青森市青森消防団 1,600名 青森地域広域事務組合消防本部 警防課 017-775-0854
青森市浪岡消防団 383名 青森地域広域事務組合消防本部 浪岡消防署 0172-62-3119
弘前市消防団 2,080名 弘前市 防災安全課 0172-40-7117
八戸市消防団 1,548名 八戸地域広域市町村圏事務組合消防本部 警防課 0178-44-2134
黒石市消防団 860名 黒石市 総務課 0172-52-2111
五所川原市消防団 1,130名 五所川原地区消防事務組合消防本部 警防課 0173-35-2023
十和田市消防団 860名 十和田地域広域事務組合消防本部 警防課 0176-25-4111
三沢市消防団 320名 三沢市消防本部 警防課 0176-54-4275
むつ市消防団(旧むつ地区) 1,255名 むつ市 防災政策課 0175-22-1111
むつ市消防団(川内地区) 下北地域広域行政事務組合消防本部 川内消防分署 0175-42-3215
むつ市消防団(大畑地区) 下北地域広域行政事務組合消防本部 大畑消防署 0175-34-2233
むつ市消防団(脇ノ沢地区) 下北地域広域行政事務組合消防本部 脇野沢消防分署 0175-44-2020
つがる市消防団 1,260名 つがる市消防本部 警防課 0173-42-7255
平川市消防団 760名 平川市 総務課 0172-44-1111
平内町消防団 360名 平内町役場 総務課 017-755-2111
今別町消防団 180名 今別町役場 総務課 0174-35-2001
蓬田村消防団 170名 蓬田村役場 総務課 0174-27-2111
外ヶ浜町消防団 400名 外ヶ浜町役場 総務課 0174-31-1111
鰺ヶ沢町消防団 400名 鰺ヶ沢町役場 総務課 0173-72-2111
深浦町消防団 500名 深浦町役場 総務課 0173-74-2112
西目屋村消防団 80名 西目屋村役場 総務課 0172-85-2111
藤崎町消防団 411名 藤崎町役場 総務課 0172-75-3111
大鰐町消防団 350名 大鰐町役場 総務課 0172-48-2111
田舎館村消防団 234名 田舎館村役場 総務課 0172-58-2111
板柳町消防団 310名 板柳町役場 総務課 0172-73-2111
鶴田町消防団 300名 五所川原地区消防事務組合消防本部 鶴田消防署 0173-22-2131
中泊町消防団 325名 中泊町役場 総務課 0173-57-2111
野辺地町消防団 210名 野辺地町役場 防災安全課 0175-64-2111
七戸町連合消防団 255名 七戸町役場 総務課 0176-68-2111
六戸町消防団 220名 六戸町役場 総務課 0176-55-3111
横浜町消防団 155名 横浜町役場 総務課 0175-78-2111
東北町消防団 350名 東北町役場 総務課 0176-56-3111
六ヶ所村消防団 215名 六ヶ所村役場 原子力対策課 0175-72-2111
おいらせ町消防団 400名 おいらせ町役場 まちづくり防災課 0178-56-2131
大間町消防団 190名 大間町役場 総務課 0175-37-2111
東通村消防団 490名 東通村役場 総務課 0175-27-2111
風間浦村消防団 150名 風間浦役場 総務課 0175-35-2111
佐井村消防団 190名 佐井村役場 総務課 0175-38-2111
三戸町消防団 510名 三戸町役場 総務課 0179-20-1119
五戸町消防団 570名 五戸町役場 総務課 0178-62-7950
田子町消防団 278名 田子町役場 総務課 0179-20-7111
南部町消防団 741名 南部町役場 総務課 0178-84-2111
階上町消防団 170名 階上町役場 総務課 0178-88-2111
新郷村消防団 222名 新郷村役場 総務課 0178-78-2111

総務省消防庁消防団のホームページ(外部リンク)