お知らせ

住宅火災による死者が増えています。火災にご注意ください。

青森県から火災予防についてのお知らせです。

平成30年中(1月から12月まで)の住宅火災発生件数は160件、住宅火災による死者数は20名(速報値)となっており、ともに前年(発生件数152件、死者数8名)を上回っています。※放火・放火の疑いを除く

また、平成31年に入ってからは、すでに7名の方が亡くなっています。(平成31年2月5日現在)

本県においては、まだまだ寒い時期が続き、ストーブ等の暖房器具を使用する期間が続くことから、火災の発生を防ぐため、以下の点に注意してください。

⑴カーテン等がストーブに接触しないように、離して使用すること。

⑵ストーブの近くに、紙・衣類などの燃えやすいものを置かないこと。

⑶ストーブの周囲や、特に上方には洗濯物を干さないこと。

⑷ストーブの近くで、ヘアスプレー等のスプレー缶を使用しないこと。また、近くに放置しないこと。

※住宅用火災警報器は、各市町村の条例で設置が義務付けられています。御自宅に設置されていない場合は、早期に設置しましょう。

詳しくは添付ファイルを御覧ください。

添付ファイル

←お知らせ一覧へ