1.地震の概要

 1-1)概況

1.概  況
 平成6年12月28日21時19分ころ、三陸はるか沖のごく浅いところを震源とするマグニチュード7.5の地震が発生した。八戸で震度Y、むつ、青森、盛岡で震度Xを観測したほか、北海道から中部にかけての広い範囲で有感となった。
 この地震にともない、仙台管区気象台は21時23分に東北地方の太平洋沿岸に対し「ツナミ」の津波警報を、東北地方の日本海沿岸に「ツナミチュウイ」の津波注意報を発表した。札幌管区気象台、気象庁本庁も順次津波注意報を発表した。津波は、宮古の55cmを最高に北海道から東北地方の太平洋沿岸で観測されたが、津波による被害はなかった。
 地震の翌日、気象庁本庁は現地に地震機動観測班(2名)を派遣し、八戸測候所と合同で八戸市およびその周辺を調査した。仙台管区気象台管内の各気象官署も現地調査を行った。
 平成7年1月12日12時現在の自治省消防庁の調べによると、人的被害は死者が3名、負傷者が784名にのぼり、物的被害も住宅被害が全壊48棟、半壊378棟、一部損壊5,803棟の計6,229棟に達したほか、道路の損壊104箇所、港湾・漁港の被害87箇所をはじめ多岐にわたっている。ライフライン関係では、上水道の断水が約4万2千戸、停電が約10万6千戸、ガスの供給停止が約千5百戸と大きな被害となった(ライフライン関係の数字はいずれもピーク時の概数)。
 平成7年1月21日までの余震総回数は1,091回、うち有感回数は56回である。本震後次第に減衰していた余震活動は、1月7日発生したM6.9の余震のあと本震後とほとんど同じレベルにまで回復し、その後再び減衰した。余震のうち、1月1日16時00分頃に発生したM6.7の地震と、1月7日07時37分頃に発生したM6.9の地震では津波注意報が発令されたが、いずれも約1時間後に解除された。
 気象庁は今回の地震を「平成6年(1994年)三陸はるか沖地震」と命名した。

             「災害時地震・津波速報(気象庁 平成7年1月24日)」より

図 表

図3-01 本震の震度分布図(八戸付近)■気象庁提供
図3-02 地震計の記録(八戸測候所)■気象庁提供
本震震央地震発生時刻(1994年12月28日21時19分20秒)
図3-03 地震計の記録(八戸測候所)■気象庁提供
余震震央地震発生時刻(1995年1月7日7時7分36秒)
図3-04 津波の状況(検潮所の記録)■気象庁提供

 

 

1-2)平成6年三陸はるか沖地震

                                仙台管区気象台
 1994年12月28日21時19分、八戸市の東方約180kmの三陸はるか沖で、M7.5の地震(深さ0km)が発生し、八戸で震度6を観測したのを始め、北海道から中部地方までの広い範囲で有感となった。
 この地震(本震)は、三陸はるか沖の北部(北緯40度〜41度帯)で発生したが、余震域は岩手県北東沖から青森県東方沖まで広がった。また三陸はるか沖の中部(北緯39〜40度帯)でも一時活動が活発となった。
 余震回数は1995年4月末日までに2590回を越え、このうち有感となった地震は本震を含め75回観測された。
 また、M5.0を越える地震は本震を含め24回発生し、最大余震は1995年1月7日のM6.9であった。
 この海域における過去1年間の活動状況を見ると、今回発生した本震の北東側で、1994年4月8日にM6.6の地震が発生し、一時活動が活発になっていたのが注目される。
 1926年以降のM6.5以上の震央分布で見ると、三陸はるか沖北部の地震としては、過去に大地震が発生していなかった海域に4月8日の地震が発生し、ついで今回の地震が発生したように見える。
 なお、今回の地震は「1968年十勝沖地震」以降最大規模となった。

                  「地震予知連絡会会報第54巻 国土地理院」より

図 表

図3-05 平成6年(1994年) 三陸はるか沖地震(12月28日,M7.5)による震度分布図
図3-06 最大余震(1995年1月7日,M6.9)による震度分布図

 

 

1-3)微少地震観測網による1994年三陸はるか沖地震の余震活動

                                東北大学理学部
 1994年12月28日発生した三陸はるか沖地震(M7.5)の余震分布を図3−7(A)に示す。1995年1月7日に発生した最大余震(M6.9)の前後で余震活動を分けて示したのが、図3−7の(B)と(C)である。最大余震は余震域の南西側を拡大する形で発生し、その後は最大余震が発生した付近で活発に余震が発生している。

                 「地震予知連絡会会報第54巻 国土地理院」より

図 表

図3-07 1994年三陸はるか沖地震とその余震の震央分布。(A)本震発生から1995年1月まで。
(B)本震発生から最大余震の直前まで。(C)最大余震以後。

 


三陸はるか沖地震メニューへ