台風の心得

1.日ごろの備えをしっかりしましょう。

1.家庭では

①家の中や外で強風に弱いところを補強しておきましょう。

屋根、塀、窓、テレビアンテナ、看板など

②非常用品等を備えておき、時々点検しましょう。

また、万一の避難に備え、常用持ち出し袋に必要なものを入れておきましょう。

主な非常用品

・身の安全を守るために-ヘルメット、防災ずきん
・停電に備えて-懐中電灯、ロウソク、ライター、マッチ
・非常食品-乾パン、缶詰、食塩、缶切り
・非常飲料水-水筒、瓶詰めのミネラルウォーター
・非常燃料-コンロ、固形燃料
・救急医薬品

その他日常必需品

・衣類、タオル、毛布、赤ちゃんのミルクなど

③電池式ラジオと予備電池を用意しておきましょう。

ラジオは停電時の情報収集に有効です。また、普段からラジオにも親しむことも必要でしょう。

④わが家の防災会議を開きましょう。

いざというとき、家族それぞれがどういう行動をとったらいいか、また、家族がばらばらになっているときどこで会うかなどを日ごろからよく話し合っておく必要があります。

⑤防災訓練に参加しましょう。

各市町村等が行う防災訓練に積極的に参加し、いざというときの行動を何度も体験しておきましょう。

2.台風が近づいたら

①台風情報に注意する。

台風が近づくと、テレビやラジオを通じて次々と「台風情報」が発表されます。その情報を一度聞いただけで自分で判断を下すのは大変危険です。台風の進路や速度は刻々と変化することがあるからです。次々に出される情報を注意深く聞いてそのつど判断するようにしましょう。

②家の補強などを行う。

・塀や庭木には支柱を立て、テレビのアンテナは針金でしっかり固定しておきましょう。
・看板や2階の窓に置いた鉢植え、物干しざおなど家の回りの風で飛びそうなものは早く取り込みましょう。
・窓や雨戸はしっかりと鍵を締め、必要に応じて外から補強しましょう。また、窓ガラスが破損しても飛散しないようにガムテープを張り、カーテンをひいておきましょう。

③いつでも避難等ができるように非常持ち出し袋の中の非常用品などを点検しておきましょう。
④停電に備え、携帯ラジオ、懐中電灯、ローソク、ライター、マッチの準備、点検などを行いましょう。また、食事は早めにとりましょう。
⑤断水に備え、水の汲み置きをしておきましょう。

特に、高層住宅では停電に伴って断水となる場合がありますので注意しましょう。

⑥大きな看板のある建物では、管理者が危険防止のための措置を講じましょう。
⑦農家では農作物の管理を厳重にしましょう。

果樹の防風ネット、支柱の点検、補強を行いましょう。

 

 

 

 

 

 

 

※これらの作業のうち、外で行うものは、台風が非常に接近して風が強くなった時に行うと大変危険ですので、早い時期に行いましょう。

 

3.台風が来たら

①風の強いときは家の外には出ない。

身を守るため風の強いときは絶対に家の外に出ないようにしましょう。風は一旦おさまったように見えても突然強風が吹きだすこともあるので注意が必要です。台風19号で亡くなられた9人の方はいずれも屋外で被害にあっており、このことが大きな教訓となりました。また、飛来物により窓ガラスが破損し、ケガをすることがあるので、窓に近寄らないようにしましょう。

②119番電話は必要最小限に

119番電話が殺到すると、回線がパンクしてしまうことがあります。
119番電話の利用は緊急通話にとどめましょう。

③停電時の電話

一般に停電になると電話も使えないと思われがちですが、電話回線が切断されていなければ使えます。ただし、コードレスホン等電源を必要とする電話機は一部機種により使用できない場合もあります。また、公衆電話は停電時も硬貨(10円又は100円)で使用できます。

 

 

④児童生徒の登校

強風などで登校するのが危険であると判断される場合は、自主的に登校を控え、学校からの連絡を待ちましょう。

⑤家が破損したときは

強風などで家の一部が破損したときでも、場合によっては無理をして修理せず、家の中の安全な場所(窓の少ないところなど)に避難することも必要です。

⑥近所との連絡体制

けが人や病人が出たときは119番に連絡しましょう。ただし、通じない場合も考えられるので、いざというとき隣近所との連絡を取りあえるようにしておきましょう。

⑦車の運転に注意する。

車に乗っている場合は、信号機の故障、飛来物、切れて垂れ下がった電線などにより危険な状態になるおそれがあります。場合によってはスピードを落とし注意深く運転したり道路の左側に停車したりしましょう。

 

 

 

 

4.台風が去ったら

①吹き返しの風に注意する

台風が通り過ぎても、強い風が吹くことがあります。台風情報に注意し、十分安全な状態になったことを確認したうえで、家の回りの後片付けなどを行うようにしましょう。

②危険な場所に近寄らない

切れて垂れ下がった電線、増水した河川や崖崩れ、山崩れ箇所などの危険な場所には近寄らないようにしましょう。

 

 

 

③落果りんごの処置

りんごなどが落果してしまった場合は、傷の程度別により分け、できるだけ品種別に分けて、箱などに入れておきましょう。